ISA(内因性交感神経興奮作用)とは

カプセル内科

ISAとは、Intrinsic Sympathomimetic Actionの略。

アドレナリンβ受容体遮断薬が持つ作用

内因性交感神経興奮作用という名の通り、交感神経を少し興奮させる作用

β受容体を遮断すると交感神経の活性は抑制されるが、

ISA(+)のβ遮断薬は、交感神経を少し興奮させる効果を併せもつ。

そのため、交感神経が過度に抑制されないため、徐脈の副作用が起こりにくくなる

高齢者や徐脈が問題になるケースではISA(+)の薬剤を使うのがよいとされる。

ただし、生命予後改善効果はISA(-)の薬剤の方が優れているため、ISA(+)の薬剤は現在はあまり使われていない。

 

薬剤の例

ISA(+)

非選択的β受容体遮断薬

  • ピンドロール(カルビスケン、ブロクリンL)
  • カルテオロール(ミケラン)

選択的β1受容体遮断薬

  • アセブトロール(アセタノール)
  • セリプロロール(セレクトール)

ISA(-)

非選択的β受容体遮断薬

  • プロプラノロール(インデラル)

選択的β1受容体遮断薬

  • ビソプロロール(メインテート)
  • メトプロロール(セロケン、ロプレソール)
  • アテノロール(テノーミン)
タイトルとURLをコピーしました