メインテート(ビソプロロール)錠とは?副作用、注意点など

薬とうさぎ医療

メインテート(ビソプロロール)錠とはβブロッカーと呼ばれるお薬です。
血圧を下げたり心臓の負担を軽くするなどの効果があり、内科で広く使われるお薬です。

作用機序

心臓にあるβ1受容体を遮断することによる、降圧作用、抗狭心症作用、抗不整脈作用、抗心不全作用。

薬の特徴

  • 1日1回の服用で1日中効果が続く。
  • 同種薬の中でも、以下の副作用が起こりにくい。(β1選択性が高いため)
    •  血糖低下
    •  気管支収縮
    • 手足の血流が悪くなることでの冷え、痺れ、痛み(末梢血管障害)
  • 徐脈の副作用が起こりやすい。(ISA(-))
  • 生命予後改善効果。
  • 食事の影響なし。

 

β1選択性が高い
βブロッカー(β遮断薬)の中でも最新の薬です。
β受容体にはβ1とβ2があり、メインテートはβ1選択性が非常に高い薬です。
β1を遮断することで、血圧を下げたり心拍数を減らす効果があります。
なお、β1選択性が低い薬はβ2受容体まで遮断してしまいます。β2受容体を遮断すると、気管支が収縮して喘息やCOPD(慢性閉塞性肺疾患)を悪化させたり、
肝臓のグリコーゲン分解が抑制されて、血糖の低下を起こしたり、末梢の血管の収縮が収縮して血流が悪くなり、手足の冷えや痺れ、痛みなどの副作用が現れます。
この薬はβ1選択性が高いため、このような副作用の心配はほとんどありません。
ISA(-)
βブロッカーにはISA(+)と(-)の薬があます。
ISA(-)の薬は徐脈が起こりやすくなるため、この薬を服用の際は注意が必要です。
ただし、ISA(-)の薬の方が、生命予後の改善効果があるとされています。

効能、効果

高血圧、狭心症、心室性期外収縮、慢性心不全、頻脈性心房細動

※0.625mg錠は心不全のみの適応です。
※心不全の場合は他の降圧薬(ARB、ACE阻害薬)や利尿薬、ジギタリス製剤服用中の方が投与対象となります。

注意点

  • 心不全で使用する場合は0.625mgから開始する。2週間以上はあけて1.25mgに増量する。
    その後は4週間以上あけて2.5mgに増量する。
    ※この間、徐脈などの副作用に注意しつつ慎重に増量する
  • 手術前48時間はできるだけ服用を中止する。
    ※手術時は麻酔により交感神経が低下している。そのため、心機能抑制が強く出やすい。

 

副作用

低血圧、徐脈、めまい、ふらつき、立ちくらみ、倦怠感、呼吸困難など

うさぎ
うさぎ

※脈が1分間に50回を切るようであれば服用を中止し、受診してください。
※初回投与時、増量時は副作用が出やすいので気を付けてください。

 

参考

タイトルとURLをコピーしました